月守り

「銀河鉄道の夜」
宮沢賢治の代表作品のこのタイトルを
知らない人はいないのではないでしょうか

私は今回恥ずかしながら
銀河鉄道の夜を題材に絵を描くことになって
このお話しをはじめて読んでみました。

最後の場面には悲しいようなことを
想像しながらも、なんとも
ワクワクとした余韻の残る
不思議なお話しでした。

一緒に銀河鉄道の旅をして
帰ってきたような。。

ああそうだ、そして私も
ココへ帰って来ることが
できた…

そんな感じかな


2009の夏に思い出としては
とても変わった出来事があり
京都にひと月ほど滞在を
強いられたことがありました。

そのときに描いたこの絵、月守り

描いた作品はだいたいすぐに
発表してしまうのですが
この絵は大切に隠していた訳ではなく、
なんとなく仕舞われていて忘れられていた…
そんな一枚です

東中野のsilent musicで開催される
銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの
〜ふたたび〜展

に出品する作品のひとつとして
ようやく日の目を見る

というところかな
月だけど、ね



ジョバンニとカンパネルラ
お話の中に苹果(りんご)や電気リス
が登場するのですが、

はて、電気リスってどんななんだろうな。。


こちらは大きな作品の一部分を写したもの

そうそう、牛乳も印象的
きっと牛乳好きだからね
こちらは手の平サイズの小さな絵

「カラスウリとほほづえ」
牛乳瓶とジョバンニです




銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの
〜ふたたび〜展
9/13 (土)~21(日)
14:00~20:00

*参加アーティスト*

青の羊 /イシイリョウコ / 小山ゆうこ / 影山多栄子 / 金田アツ子 / かわい金魚 / 香凛 / 雲母りほ /くるはらきみ / keino glass /コトリ花店 / 咲野めえこ / タニガワマリコ/ Cherripom /とりごえまり/ 深瀬優子 / ふじやしおり / 松村真依子 /
村瀬夏子 /モトムラヒカリ / やまぐちめぐみ / 映像:Noriyuki Kenmotsu /

場所:東中野 silent music
お問い合わせ: shizukanaongaku@gmail.com
(場所等の詳細などお問い合わせはこちらからどうそ)

詳しくはこちらをご覧ください
silent music blog


私はこの展覧会のための
描きおろし作品を
大中小合わせて11作品
展示させていただく予定です


まだあともうひとがんばり!
よろしくお願いします。
■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-08-25 19:05 | やまぐちめぐみ | Trackback | Comments(0)

ロバ

タンバリンギャラリー
ロバミュージアム2014
今年も華やかに幕を閉じました
ありがとうございました!

中谷日出さんと
中谷さんのロバ作品の前で

星先生がいらしていたので
一緒にロバになりましたよ

私のロバ


最終日の記念撮影



今回の我がロバは帰宅したので
またいつかどこかで
お披露目したいと思っています。


ロバは帰宅しましたが
引き続き、等々力の巣巣
「ひなたのねこ展」
23日まで

我がニャン2匹
お待ちしています

私も少し遊びに行く計画中です










■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-08-13 05:25 | Trackback | Comments(0)

ねことロバと雲

巣巣で開催中の ひなたのねこ展
巣巣HP




今年3年目のロバミュージアム2014
今年はこんな感じにしました。
タンバリンギャラリーHP


毎日暑くてさすがに
日中エアコンをつけて
過ごし始めました。



窓から見える夕方の
美しい西の空に魅せられながら
今年も夏が進んで行きます
■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-08-03 12:21 | Trackback | Comments(0)

青い瞳

少し涼しい朝です
子どもさん達の多くは
明日から夏休みなのですねー!
ひゃっほ !


三鷹の点滴堂で開催中の
「海と少年」展
会期が27日日曜日まで延長されました。

新しく描いた追加作品、ふたつ


「虹飼いの少年」
オイルパステル画
小さな作品です

そしてこちらは
キャンパスにアクリル絵の具で

「近くて遠い」

展示の様子はこちら→点滴堂Blog


今週は香川県高松市のわたぐも舎さんに
描き下ろし作品をお届けしました



「森へ帰る」
オイルパステル画

わたぐも舎さんにて
展示販売されています

他に9作品置かせていただいています。
価格等、お問い合わせください


わたぐも舎HP



再来週からふたつの企画展に参加します。それぞれ、1作品づつ、描き下ろし作品を展示販売していただきます


「Blue eyes」
画用紙にオイルパステル画

等々力の家具と雑貨のお店、巣巣
ひなたのねこ展




シンガーソングライターの山田稔明さんの愛猫の写真絵本『ひなたのねこ』の発売記念イベントです。

会期中は山田さんのライブや
参加作家さんによるワークショップと
素敵な企画盛りだくさんです。

併せて愉しんでいただきたい!

巣巣HP




今年も3回目のロバ仲間になりました
ロバミュージアム2014


タンバリンギャラリーHP

いずれも素晴らしいたくさんの作家さんの作品が並ぶ賑やかで愉しい展覧会、イベントになりそうで、わたしも参加をとてもたのしみにしています!





こちらは今回のロバミュージアムへの
作品です。

「祈りの夜」
アクリル絵の具、パステル、他



原画、是非観て欲しいな。。









■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-07-18 07:46 | やまぐちめぐみ | Trackback | Comments(0)

海と少年

台風8号、大暴れです
今夜遅くから明日の朝と言われている
東京も風が強くなっています

できるだけ穏やかに
早く過ぎて欲しい。

飛び入り参加なのですが

三鷹の点滴堂企画
海と少年


こちらと


新作2点






合計3作品
展示販売していただいています

少年が見たクジラの夢や
海の風景

20日までです

参加される作家さんと
展示の様子はこちらから→点滴堂HP









■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-07-10 15:32 | やまぐちめぐみ | Trackback | Comments(0)

ねこ

7月がはじまったばかりですが
お知らせまだもう少し先…
などと思っているとすぐでしょうね

7月の終わりから8月にかけて
開催される企画展

「ひなたのねこ展」

等々力の素敵なオリジナル家具と
買い付け雑貨のお店、巣巣にて

子供の頃、うちにはシャム猫がいました。名前はロン。特別ベタベタした記憶もなく、外に自由に出かけていた猫でした。

それでも時々二段ベッドの上に寝ている私の布団に潜り込んできたり布団の上の足元辺りで寝ていたり。。

下に寝ていた弟の所ではなく、でしたから、ちょっと得意で嬉しかったりしたものでした。そんなロンを懐かしく思い出しながら描いたシャム猫



このシャム猫の絵、それからねこの写真(プリントアウト)
一枚づつの参加になります

会期中はワークショップや
山田稔明さんのライブイベントがあります。是非、合わせてご参加下さいね

詳しくはこちらから
ひなたのねこ展→巣巣HP

巣巣でのワークショップは今までに2回参加させていただいたのです。
巣箱作りと木版画

とても緩やかな時間が流れていてどちらも愉しんで作ることができました。

木版画のワークショップの時にお隣の席ですごく熱心に猫の絵を彫っていた優しそうな男性、ワークショップの後で知ったのですが、ミュージシャンの山田稔明さんでした。ワークショップの間中流れていた素敵な音楽が山田さんのクリスマスアルバムだったことや、ジャケットの絵が福田利之さんの描かれたものだったり、、

今回はその方達、それからワークショップで木版画を教えていただいた保立葉菜さんもご一緒です。

嬉しいな


7/26(土)~8/23(土)
雨と太陽、五十嵐祐輔、石坂しづか、イナキヨシコ、落合恵、甲斐みのり、カクハリアキコ、木下綾乃、桑原奈津子、中村祐介、ヒサマツエツコ、はしもとみお、服部あさ美、日置由香、福田利之、VRANA、保立葉菜、松尾ミユキ、ミルブックス、やまぐちめぐみ、山田タクヒロ、山田稔明




ひなたのねこ展は山田稔明さんの出版記念イベントなのですが先日、山田さんの大切な猫のポチが天国に旅立たれたのだそうです。山田さんに愛されたポチ。たくさんの写真の中にいる幸せなポチの姿にも出会うことができる展覧会になりそうです。






■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-07-01 14:55 | 展覧会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

雨ふり森のものがたり 


高円寺ウタカタカフェ&ギャラリー

雨ふり森のものがたり

6/16水曜日
29日まで
13時 〜19時










ハガキサイズ画用紙
オイルパステル画




お時間あればのぞいて下さい














■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-06-18 07:19 | 展覧会のお知らせ | Trackback | Comments(0)

雨粒の色が虹色だったら

雨粒の色が虹色だったら
愉しいだろうな

全部ではなくてね
ところどころ虹色なの



赤い扉のお家
黄色い小鳥の歌声
ひとつの種から咲いたふたつの花
小さな水たまりの池には
グッピーの恋人たち

みんなみんな幸せそうです


ハガキサイズの画用紙に
オイルパステル


赤い扉は西荻窪にある
porto ponponeさんのお店の写真から
イメージをいただきました。

実はまだお店に一度も行けていないのですが
先日、Twitterで一目惚れした
Anticaという麻布のワンピースの
ネイビーで半袖のものを一枚
着丈や衿の大きさをリクエストして
作っていただきました

シンプルだけど生地がガッシリしていて
触ると嬉しくなっちゃう!
これからどんどん着て洗って着て洗って
自分のものにして行きたい

portoさんお店のHPはないそうですので
こちらのインタビュー→創造源流

早くお店にもうかがいたいな


◇◇◇◇◇


絵についてのお値段等ご質問は
コメント欄もしくは
HP→おはなしココリ
のE-MAILからお問い合わせ下さい



















Tags:# # # 
■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-06-12 07:11 | やまぐちめぐみ | Trackback | Comments(0)

6月の音



今年は夏の訪れが早いな
なんて思って扇風機を出したところで
梅雨入り、大雨。

一気に気温も低くなって
窓を閉めて過ごせるくらいに…

それでも靴下を履くと
やはりちょっと暑いかな

今日は久しぶりの梅雨の晴れ間です
空は夏の顔をしています

へへん、って感じ
お手柔らかにね

6月18日から29日まで
高円寺のウタカタカフェの企画展に
初めて参加させていただきます。

雨ふり森のものがたり
Facebookになりますが→ウタカタカフェ



一枚はこの大きい作品
「白きつねのお嫁入り」

他、描き下ろし作品数点の参加です

カフェですのでオーダーが必要となりますがワッフルもご飯もとても美味しいお店です。参加される作家さん方それぞれが描く 雨ふり森のものがたり と一緒にたのしんでくださいね



さて、続きまして

「Indigo Birth Day 」

ハガキサイズ画用紙
オイルパステル画



こちらは四国は香川県高松市の
素敵な雑貨屋さんわたぐも舎さん
に置かせていただくために
描いたもの

店主の上林さんのご提案で「わたし」
というお題で描かせて頂きました
最初の一枚です

この描き下ろしシリーズとなる
作品以外に他数点、わたぐも舎さんに
置かせていただくのですが、
わたぐも舎さんのHPから
オンラインショップにて
販売していただける予定になっています

こちらをクリック→わたぐも舎

また準備が整いましたら
お知らせさせてください



毎月のようにどこかの企画展に
参加させていただいて来たのですが、
ウタカタカフェの企画展を終えると
しばらくは自分だけの展覧会も
企画展参加の予定もありません

なんとなぁく
のんびりというか、
いやいや、とんでもありません!
まだこれからが本番!

タイミングの見合わせ等で
絵本の出版が来年の秋に移動したり、
それでも原画の制作は年内だったり

今年の12月には少したくさん
絵を描く装画の企画展に
参加したりもします

今までとは違うスタンスで
制作、がんばらねばですね

そんな中で



ユニコーンと少女を描きました

「約束」

ハガキサイズの一枚
画用紙にアクリル絵の具

今のところどこに、
という宛のない一枚です



お仕事の絵を描くこと以外にも
日々、コツコツと
お仕事ではない絵を描くことも
続けて行きたいと思っています


絵を描くことをこうして今、
続けていられることに感謝です


支えてくださるみなさま
心から、
ありがとうございます




こちらHPです→おはなしココリ
併せてご覧いただけますように











■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-06-09 09:37 | やまぐちめぐみ | Trackback | Comments(0)

花かんむり

6月
西から梅雨入りしていますね
東京にももうじき訪れるのかな

昨年も参加させていただいた
コトリ花店
「夏至祭の花かんむり 」展

コトリ花店blog






今回もこのフェアに描いた新作
6点展示販売します

光と緑の美しい季節
ぜひ足を運ばれてみて下さいね?


こちらはひとりごとHP
こちらクリック→おはなしココリ
併せてご覧いただけますように







■  [PR]

# by kokorimasyo | 2014-06-03 06:21 | Trackback | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >